Windosマシンで「写研 ― Windows」の相互変換をします
Windowsマシンで写研データの入力・訂正ができます
Hi! シャトル変換くん
Hi! シャトル変換くんの紹介
「Hi! 変換くん」は写研形式で出力されたデータを,テキストデータや写研ファンクションを各種タグに変換して,新たな電子出版用データ,XML形式データなどに変換するツールです。
写研データにはFD・MOの媒体,コード体系,文字種ではファイナルデータ・オリジナルデータ・外字の問題,テーブル式・ニモニック式などさまざまなバリエーションがあります。
「Hi! シャトル変換くん」は「Windowsテキストデータ」と「写研の電算写植オリジナルデータ」の双方向変換処理ができます。
これにより「Windowsマシン」で写研データの新規作成ならびに訂正作業ができます。 また、専用の「入力パレット」とカスタマイズされた入力支援ツールで効率の良い作業ができます。
用 途
・Windowsデータを写研組版用データに変換
・写研データをWindowsデータに変換
・Windowsマシンで入力ならびに訂正作業ができます
機能紹介
変換対象の写研データ
(1) 8インチFD
 (3.5インチへの媒体変換が必要
(2) 3.5インチFD
 (処理パソコンのFDは3モード対応が必須)
(3) MOデータ

写研データ形式
(1) データ形式
テーブル式
ニモニック式
(2) 変換コード
SK72コード
SK78コード
変換先データ(基本構成)
(1) 写研 SJIS変換
ファンクションを含む全文字をテキストに変換したデータです
(2) SJIS 写研変換
組版指令や専用タグを文字と同時に写研ファンクションを含めた写研コードに変換します
(3) 作業性向上の為の多様な機能
Windowsに無い「ファンクション」「記号」「特殊文字」はワンタッチで入力できる「入力パレット」。
ファンクパーレンやデータ制御の整合性チェックのマクロが用意されています。
適応機種
MS-Windows 2000/XPで稼動(処理パソコンのFDは3モード対応が必須)
製品価格
詳しくはお問い合わせください。