デジタル情報コンテンツの製作・加工処理
写研データを各種データに変換
Hi! 変換くんを利用した変換サービス
変換サービスのご案内
「Hi! 変換くん」は写研形式で出力されたデータを,テキストデータや写研ファンクションを各種タグに変換して,新たな電子出版用データ,XML形式データなどに変換するツールです。
お手持ちの写研データ変換を「Hi! 変換くん」を使用して変換サービスを行います。
「Hi! 変換くん」は写研データからすべての情報を変換する目的で開発されました。
写研データから新たな情報処理用データへの変換を行って,在版データの有効活用が計れます。
変換サービス内容
変換対象の写研データ
(1) 8インチFD
(2) 3.5インチFD
(3) MOデータ

写研データ形式
(1) データ形式
テーブル式
ニモニック式
(2) 変換コード
SK72コード
SK78コード

変換対象字種
・盤内標準文字
・標準外字
・グループ外字
・学参文字
・数式文字
・記号外字
※SK全文字が変換対象
 但し,モノ外字についてはコード対応表が必要です

変換先データ(基本構成)
(1) 写研 SJIS変換
ファンクションを含む全文字をテキストに変換したデータです
(2) プレーンテキスト変換
ファンクションやニモニック文字を削除したMS-DOSプレーンテキストデータを作成します
変換先データ(オプション構成)
(1) HTML変換オプション
基本的なファンクションをHTMLタグに変換し,見出しファンクションを <Hn>(見出しタグ)に変換したHTMLデータです
(2) T-Time変換オプション
ファンクションをT-Timeタグに変換したデータです
(3) eBook変換オプション
ファンクションをeBookタグに変換したデータです
(4) XML変換オプション
ファンクションをXMLタグに変換したXMLデータです
(5) inDesignタグ変換オプション
基本的なファンクションをinDesignタグに変換し,見出しファンクションをスタイルタグに変換したタグつきデータです
変換サービス料金表
 (1) 基本構成+オプション構成処理 \0.35
 (2) 基本構成処理 \0.10
  ※8インチFD入稿 1枚あたりプラス料金 \1,000
  ※3,5インチFD入稿 1枚あたりプラス料金 \200
  ※MO入稿 1枚あたりプラス料金 \0
  変換料金は写研1文字単位(文字またはファンクション)の料金です。(単位円)
  FD入稿の場合,FDから取り込み費用となります。

※詳しくはお問い合わせください。
Hi! 変換くんのパッケージご紹介
変換データが多い場合や,自社用にカスタマイズ変換を行いたい場合は
「Hi! 変換くん」の製品版をご検討ください。
詳しくは こちら をご覧ください。